導入事例

学習院女子大学

専任体制を用意せず、eduroam、公衆Wi-Fiを備えた先進的なクラウドWi-Fi環境を実現

学習院女子大学

導入背景

「グローバル社会で活躍できる人材を育てる」
コミュニケーションを重要視する中で先進的なICT 環境の整備は必須

右から 国際文化交流学部 日本文化学科 岩城宏明 教授 清水將吾 専任講師

国際社会で活躍できる女性の育成、コミュニケーション能力育成はその中でも一つの核となり、語学などの従来の項目以外に、ICTにおいても文字通りICT 環境の整備を行っていくことは必須と位置づけていました。

岩城様:まずは支給端末ではなく、既に多くの学生が利用していて、キャンパス内でも利用が目立つ、スマートフォンとタブレット端末の利用環境の向上を目指していました。そしてスマートデバイスの学習・就職活動などにおける活用シーンの促進を図る目的で、キャンパス内にWi-Fi環境を構築することを検討していました。

清水様:また、世界中の学術機関で広がっている学術無線LANローミング「eduroam」も以前から学会などで話を聞き興味を持っていたので、Wi-Fi 環境の整備を機に、eduroamや、学生利用も多い公衆Wi-Fi サービスの学内設置などの課題もセットで解決できるソリューションを探していました。

導入ポイント

CAMPUS4 クラウド型 Wi-Fiが唯一全ての条件を実現
eduroam標準対応、専任運用体制がなくとも安定稼働できること

  1. ■ eduroam 標準対応で、クラウド型の代理認証サービスも「CAMPUS4 クラウド型Wi-Fi」は東北大学と共同運用しているので加盟から利用までフルサポート
  2. ■ 高価な無線コントローラーなどの機器購入と運用が必要なく、学内にはアクセスポイントのみの設置で導入

岩城様、清水様:無線LAN整備と共に、世界中の加盟施設で利用できるeduroam への加盟は以前から興味がありました。しかし、制御システムの購入や、構築と運用負担がネックとなり、専任の運用技術者を置いていない当大学では、キャンパス主要部をカバーする Wi-Fi 環境整備は費用だけではなく、人的運用面においても課題を残していました。それは eduroam についても同様で、加盟はしたいが認証システムの構築・運用の面で、これまでは実現が難しかったのが実情でした。
今回の提案では高価な機器の購入と複雑な運用を一切必要とせずに、非常に高度な技術によって支えられている先進的な Wi-Fi環境を導入できるのが非常に魅力でした。その他、eduroam の中継局と認証サービスを国内で唯一備えている事業者という点も大きなポイントでした。

導入イメージ

導入効果と今後

  1. ■ 発注から導入完了まで約1ヶ月の短期間で完了
  2. ■ Web ブラウザで稼働状況が簡単にチェックでき、管理の手間が大幅に軽減
  3. ■ サポートは技術だけでは無く、eduroam に精通したスタッフもいて非常に手厚く安心
  4. ■ 設備の利活用の一環として、構築した AP から公衆 Wi-Fi も同時提供、幅広い利用ニーズに対応

岩城様:現状では、全く問題も無く非常に満足しています。
Web ブラウザによる Wi-Fi管理も非常に機能的で使い勝手が良く、今後は利用状況を見ながら確実にニーズがある場所へのアクセスポイントの増設や、タブレットなどを活用した授業への Wi-Fi の活用、また Wi-Fi 以外のクラウドをより活用して、最適なコストで先進的な ICT 環境を常に用意していく予定です。

お客様情報

所在地 設立 学生数 Webサイト
東京都新宿区戸山3-20-1 1998年 約1,700名 http://www.gwc.gakushuin.ac.jp/
本サービスについてご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。 03-6263-1715 お問い合わせ